上部消化管内視鏡検査について

上部消化管内視鏡検査について腹痛、貧血などの原因を調べるために、食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍や炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行う検査です。検査の際に、組織検査をするための病変の一部を摘まみ取ることがあります。

検査の受け方
いわゆる「胃カメラ」と呼ばれるもので、鼻腔または口から内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸の観察をします。

【STEP 1】事前検査
安全な検査を行うために、全身の状態を把握し感染症の有無を調べます。場合によって、心電図検査などを行います。

【STEP 2】前処置
①検査前日の夕食は午後9時までに軽くとり、それ以降の食事は控えます。水分をとるのは構いません。
②検査当日は食事を(牛乳、お茶、ジュースもふくめて)控えてください。水だけは飲んでも結構です。
③検査当日の服装は、身体を締めつけるもの(和服、腹巻き、ボディスーツ、ガードルなど)は避けてください。

【STEP 3】検査当日の手順
●経鼻内視鏡
①前処置室で消泡剤を飲みます。
②鼻の通りをよくするために、薬を点鼻・噴霧します。
③鼻の内部を麻酔します。スプレーによる麻酔と、スティックを使う麻酔があります。
④場合によって、喉の麻酔をすることがあります。 ※麻酔には約20~30分かかります
⑤検査室に移動し、ベルトをしている場合は緩めて検査台に乗り、左側を下にして横向きに寝ます。
⑥細い内視鏡が鼻腔から挿入されて検査が始まります。
 ※肩・首・喉の力を抜きましょう。ゲップはできるだけ我慢してください。
 ※検査は、通常10〜15分で終わります。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方