内科について

内科について

当院は、地域に密着したホームドクターとして父子2代、50年以上にわたり、「内科」「小児科」「皮膚科」を中心とした医療を行って参りました。

現院長として、私は先代院長が培ってきた信頼を継承し、より高めるために、特に消化器内科を専攻してきました。ホームドクターとしてより専門性の高い総合内科医の資格を取得、広く内科全般について研鑽を続けています。

地域のホームドクターとは

地域のホームドクター数多くの患者様を診療するにあたり、医師としてまず考えていることがあります。それは地域に根ざした医療を行うということは、単に病気を治すだけではなく、社会に貢献することでなければならないということです。

練馬区貫井で育った私は、この地区の住民の方々に見守られてきたという気持ちを強く持っております。この地区の皆さまに医療で恩返しをし、皆さまの健康を守っていくのが私の使命だと思っております。

医師として私が大切にしていることは、病気を診ることはもちろんですが、患者様の家族構成であったり、家庭環境、あるいは職業などの背景をふまえた医療を行うということです。きめ細かい医療は、大学病院など規模の大きな病院ではなかなかできませんが、ホームドクターとは、こうした患者様個々の状況を考慮に入れたうえで治療にあたる存在であるべきです。

お待たせしない診察がホームドクターのモットーです

お待たせしない診察大学病院などの大きな病院では、ひとつの病名を診断するのにも慎重に検査を重ね、時間をかけて経過を見たうえで、診断・治療にあたるため、患者様にとっては診察までに長い時間待たされるうえに検査にも時間がかかり、診断が出るまでが大きな負担になってしまいます。しかしながら、これらの大病院ではこれこそが本来求められる医療といえます。

一方、当院では患者様にお待たせしないことを大切なモットーにしています。もちろん症状に合わせた検査をして、的確な診断をすることに変わりはありませんが、患者様からお話しを伺う間に、さまざまな可能性からもっとも疑いのある病気を探り、短時間で結論を出す、まずは患者様の主訴を取り除くことを第一に考えているからです。
※その後、経過を見て症状が重い場合には、より専門的な治療を行う病院をご紹介いたします。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方