消化器内科

消化器内科おもに胃、食道、腸などの消化管の病気を診ます。当院の院長は消化器病専門医の資格を持ち、幅広い知識と高度な技術で患者様のQOL(生活の質)を高めるお手伝いをしております。また院長は、検査として必要な消化器内視鏡や腹部超音波検査のエキスパートです。
※消化管は口から肛門までつながっている約9mの管で、食べ物を消化し栄養を吸収、最終的に便として体外に排泄する働きをしています。

おもな症状と病名
【症状】
腹痛・便秘・下痢・胸焼け・腹部膨満感・食欲不振・吐き気・下血・吐血など。
※無症状だけれどもお腹の具合が悪い、という場合もあります。

【病名】
逆流性食道炎・便秘症・急性胃炎・胃/十二指腸潰瘍・急性胃炎・急性腸炎・出血性大腸炎・機能性ディスペプシアなどの機能性胃腸障害・食道がん・胃がん・大腸がん・粘膜下腫瘍・ポリープなどの良性腫瘍

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方