オートクチュールの医療について

オートクチュールの医療

私どもが目指す医療に不可欠なのは、カウンセリングを主体とすることにより、患者様一人ひとりに合った治療をすることです。

患者様にぴたりと合った治療

人にはそれぞれライフスタイルに個性があるように、患者様の病態もまたそれぞれ異なっています。当院では、カウンセリングをすることによって患者様固有の病態を知り、患者様に合った医療を、まるでオートクチュール(高級注文服)のように、あらゆる点でぴたりとフィットさせて行うことを大切に考えております。

患者様にぴたりと合った治療たとえば急激な歯の痛みを訴えて来院されたある患者様の場合、カウンセリングをしてみると、痛みの原因は歯にあるのではないように思われました。さらにお話しを伺うと、毎日会社に行くのが憂鬱で、夜寝ている間に食いしばりをしていることが分かってきました。強い食いしばりの結果、歯が痛くなっていたのです。

また、別の患者様はやはり歯が痛いと来院されましたが、お話しを伺うとどうやら抑うつ状態にあり、歯の痛みは精神上の病から来ているように思われました。そこで心療内科の受診をすすめたところ、うつ病と診断され、向精神薬の治療を受けることで自然に歯の痛みが消えてしまったという例もあります。

すべての医療はクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を高めることに集約されます。治療をすることで機能の改善を図ることはもちろん、生活の質そのものを高められる「美」を追求することが、オートクチュールの医療なのです。

人間は病の前で平等である

オートクチュールの医療というと、高額なものなのではないかと思われるかもしれません。
しかし、私どもが考えるオートクチュールの医療とは、治療費が高いか安いかではなく、患者様にとってもっとも心地よく、同時に生活の質を高めることができるものでなければならないのです。

「人は病の前で平等である」と思います。

人には快復力というものがあるので、医師はそれに基づいて丁寧な治療を行う。そのことが大切なのだと考えます。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方