噛み合わせの治療

噛み合わせの治療

噛み合わせを治療することは、単にものが食べられるようになるというだけでなく、全身にわたる効果が現れます。

身体のバランスを整える

噛み合わせの治療人間の頭は6kgほどの重さがあります。これを支えているのは首ではなく、顎なのです。そして顎は正しく噛み合わせができているときにバランスよく頭を支えることができるのです。もしも、歯が1本でも下がって噛み合わせが悪い箇所があると、バランスが崩れてしまいます。そして、その影響は首から肩、腰までおよんでいくことになります。

オフィスワークで朝からパソコンに向かっている人の中には、夕方になると肩が凝ったり片頭痛が出てきたり、という人が多くいます。そういう方の大半は、噛み合わせが悪いことに原因があります。噛み合わせが悪いと身体にゆがみが起こり、その結果、血流が悪くなって肩こりや頭痛が起きてくるのです。

噛み合わせを治すということは、単に歯を治すというだけでなく、噛み合わせに必要な筋肉も同時に矯正することになります。筋肉の動きがよくなるので、身体のバランスもよくなるのです。

ですから、アスリートが噛み合わせを重要視して、まずこれを治療するのはまったく合理的なことなのです。たとえば重量挙げの選手などは、歯を食いしばって重いアレイを持ち上げますが、噛み合わせが悪いと十分な力を出すことができません。食いしばるときの歯の噛み合わせを、まず治すというのは当然のことなのです。

アンチエイジングとしての効果

噛み合わせの治療噛み合わせを調整することにより、頬の筋肉の運動との調和が取れてくるようになります。そうすると、法令線と呼ばれる鼻から口の横にかけてできるシワが回復して、あまり目立たないようになります。

同時に、頬の筋肉と顔面筋が回復することによって口角(口の左右のあたり)が上がってきます。そうすると笑顔が素敵に見えるようになり、運気も上がってくるといわれます。

また、女性の患者様からはリップラインが描きやすくなったという声がたくさん返ってきています。これは、頬の筋肉と顔面筋が回復することによって筋肉が上の方へと引っ張られるために唇の輪郭がしっかりしてくるのです。そのため、口下から顎までの距離も少し長くなります。顎のラインがすっきりすることは言うまでもありません。

腰が伸び、飲み込みがよくなる

噛み合わせの治療噛み合わせをよくすることによって、老人特有の現象も改善されてきます。今ではあまり見られなくってきましたが、農村の方に行くと腰が曲がってしまい、身体を90度近く折り曲げて歩いている老人を見かけることがあります。

こうした老人に共通して見られるのは、歯が何本か欠けていて噛み合わせが悪くなっているということです。こういうときには義歯を入れて噛み合わせを回復させると、身体が伸びるようになり、歩行もしやすくなります。

また、老人特有の現象としてものを食べるとむせる、ということがあります。むせることによって食べ物が食道に入らず肺の方に入ってしまうと誤嚥性肺炎を起こして死にいたることもあります。このような場合も、義歯を入れるなりして噛み合わせをよくすると、首がしゃんと伸びるようになり、食事をしても食べ物でむせることがほとんどなくなってきます。

人間にとって噛み合わせがよいのと悪いのとでは、人生の楽しみ方に大きな違いが出てきます。人生を長く、エンジョイするためにも噛み合わせをよくしましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方