医学としてのアンチエイジング

医学としてのアンチエイジング本格的に医学的検討がはじまったのは1990年代、アメリカDr.Rudmanらによる成長ホルモンを使った研究とされています。

アンチエイジングは美容医療的なアプローチをする場合が多いといえます。しかし本来のアンチエイジング医学としての考え方は、その年齢ごとのオプティマル・ヘルス(人間として最高の健康状態)を目指し、より永続的に維持することによって健康長寿を延ばす、究極の予防医学であることを改めて申し上げておきます。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方