痛まないように治療するのが麻酔医の使命

歌橋麗華歯科医師は以前、世界の国々をまわり、世界中の歯科医を見てきた経験があります。そして図書館を訪ねて歯科医に関する情報を調べてきました。そこで分かったのは面白いことに、世界のどんな国、どんな民族であっても、歯科医というのは「怖い・痛い」というイメージを持たれている事実でした。

このことからも分かるように、歯科医にとってはいかに患者様の恐怖心を和らげ、痛みを最小限に抑えるかが大切であり、日々研鑽しながらも、「いかに痛まないように治療するか」を大きな使命として、今後も治療を行っていきます。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方