患者様の健康・長寿を目指す病院であり続けたい

院長あいさつ毎日、夜遅くまで患者様の治療をしている父の姿を見てきた私が同じ内科医になったのは、考えてみればごく自然な成り行きだったといえます。

しかし長ずるにつれて、そうした子どもの医師に対する憧れはもっと現実的で切実なものに変わっていきました。それは、この地域に生きる人々のために奉仕し恩返しをしていきたいという気持ちです。私にとって医療とは、社会貢献を意味するものであり、医療を行うことは私が幼い頃から見守ってきてくれた地域の人々に恩返しをするものでなければならないのです。

こうした思いを実現するために、私は患者様が治療を必要とする頻度がもっとも高いと思われる消化器内科を専攻しました。そして開業医となるにあたっては、より専門性の高い総合内科専門を勉強し、広く内科全般について研鑽してまいりました。長きにわたって父が培ってきた、地域の皆さまの信頼をより高めていくことが、私に課せられた使命だと考えております。

地域のホームドクター・かかりつけの医師として、皆さまの健康・長寿を目指していく病院として、私のみならずスタッフ一同、今後も精進してまいりたいと思います。

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方