半世紀以上にわたり、地域に根ざした医療を行う

当院は1964(昭和39)年7月、父である歌橋昭和を院長として、練馬区貫井4丁目の当地に開院いたしました。
アレルギーを研究テーマとして、内科、小児科、皮膚科の疾患の治療を行い、学校医(練馬区立練馬第2小学校)、保育園医(貫井保育園)および産業医を嘱託され、臨床に応用してきました。

現在は、「医療法人社団弘和会 歌橋医院」として外来診療、検査、検診、予防注射接種をはじめ、訪問診療(往診)、介護保険に基づく医療、審査、また各企業産業医、学校医、幼稚園・保育園園医、厚生労働省認定認知症サポート医、知的障害者施設嘱託医等を務め、地元に根づいた「ホームドクター」として医療活動を行っております。
 
院長あいさつ
名誉理事長 歌橋 昭和
2000(平成12)年には現理事長の私が医療に加わり、これまでの診療に加えてさらに専門的な医療を行うようになりました。医学会でもとくに経験・知識が豊富で優れた者に与えられる総合内科専門医、消化器病専門医、肝臓専門医の資格を持ち、大学病院、近隣医療機関等との連携を密にしながら、質の高い医療をご提供しております。 院長あいさつ
理事長・院長 歌橋 和哉

まずは、お悩みをご相談ください

電車でお越しの方 お車でお越しの方