« 2020年3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年3月29日

皆様にお願い

新型コロナウイルス感染症について
(1)発熱患者さんの診察時間を以下のようにお願いしております。
   午前11時から12時まで 
   午後5時から6時まで
(2)飛散拡散感染(エアロゾル感染)予防のため、鼻腔、咽頭粘膜からの検査(インフル   エンザ、溶連菌等)を中止しています。またグローブ着用にて診察させて頂く事があ   ります。

以上についてお願い申し上げます。

Google +1
2020年3月13日

練馬区医師会から大切なお知らせ

【大切なお知らせ】

3月現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する「有効な治療」「予防するワクチン」はありません。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)陽性の方は、症状が軽微でも「入院」対応となり、概ね2週間の経過観察が必要となります。
入院中に重症肺炎へ移行し、呼吸状態が悪化された方は「救命のための集中治療」の対象になります。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がご心配な方々には、感冒等を念頭に置いた対症療法が中心となります。
なお、現在、練馬区内の診療所・練馬・石神井休日急患診療所では、 新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査による診断はできません。

                     令和2年3月12日
                     一般社団法人練馬区医師会

http://www.nerima-med.or.jp/


Google +1
2020年2月20日

練馬区医師会から区民の方へ

【重要なお知らせ】

http://www.nerima-med.or.jp/


現在、練馬区内の診療所・練馬・石神井休日急患診療所では、 新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査による診断はできません。
ご不安な方は「帰国者・接触者電話相談センター」へご相談ください。

●以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

●なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・高齢者 ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ) 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

※帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
「帰国者・接触者電話相談センター」
練馬区 平日午前9時~午後5時 電話:03-5984-4761
東京都 平日午後5時~翌9時及び土日祝の終日 電話:03-5320-4592

(一般社団法人練馬区医師会)

Google +1
2020年2月10日

ヒブワクチン接種についてお願いとお詫び

現在、ヒブワクチン(アクトヒブ)の製薬会社からの供給停止により、ワクチンの入手ができない状況です。
当院ではヒブワクチン予防接種の予約受付を一時中止させていただいています。すでに予約をしていただいている患者様には1回目接種の方を優先させていただくことにさせていただきます。ご理解とご了承をお願いいたします。

製薬会社からの今後の供給については不明ですが、供給が改善しましたら再開させていただきます(練馬区からの通達等も確認してください)。
他の予防接種に関しては通常通り行っていますので、よろしくお願いいたします。

Google +1
2020年2月 8日

新型コロナウイルス感染症に関してのお願い 第2報

患者さんへのお願い

発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所(練馬保健所)あるいは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。
また、新型コロナウイルスに関する東京都と厚生労働省の電話相談窓口も記載致します。

練馬保健所 03-3993-1111
(月曜~金曜日8時30分~17時(祝休日、12月29日~1月3日除く)

新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
 東京都福祉局 電話相談窓口
 03-5320-4509(9時より21時 土日祝日対応)

 厚生労働省 電話相談窓口
 03-3595-2285(9時より21時 土日祝日対応)

Google +1
2020年1月28日

新型コロナウイルス感染症に関してのお願い

当院では中国で新型コロナウイルスによる肺炎患者が発生していることを踏まえて、37.5度以上の発熱があり、さらに下記のいずれかに該当する方が当院の受診を希望される場合は、来院前に電話にてご連絡をお願いしております。

・2週間以内に、中国への渡航歴がある。
・2週間以内に、新型コロナウイルスの患者(確定例)、またはその疑いがある患者と2メートル以内での接触歴がある。
・2週間以内に「中国への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。

院長

Google +1
2020年1月24日

1月25日担当医変更

1月25日のみ 担当医が小原ゆき子先生に変わります。

Google +1
2020年1月11日

令和2年(2020年)始まりました。

年が明けもう10日が過ぎました。
年末年始はインフルエンザが猛威を振るい、私も勤務した休日急患診療所も沢山の患者さんが来院されました。1月6日以降は流行は一段落となりましたがまだまだ油断できない状況です。インフルエンザに罹らないよう皆様予防に努めて頂きたいと存じます。
1月~土曜日ご勤務の横田先生が産休に入られました。1月11日から保科先生がご担当になります。
1月11日、25日(土曜日)保科先生 ご担当
1月18日 院長担当
尚、1月27日月曜日は大学病院研修のため午後休診となります。

Google +1
2019年12月28日

12月28日~1月5日 年末年始休診です。

年末年始の休診は以下の日程です。

12月28日土曜日から1月5日月曜日まで

なお、歌橋医院では365日、24時間連絡がつく体制になっております。お困りのことや急病の際はご相談頂ければ幸いです。 03-3999-6767 までお電話を

休診期間の急患診療所、診療している医療機関は以下で検索頂ければ幸いです。
尚、院長は石神井休日急患診療所にて、12月29日10時から16時 および1月4日土曜日18時から22時まで当番医を努めます。

練馬区急患診療所
http://www.nerima-med.or.jp/kyukan/index.php

東京都医療機関案内サービス ひまわり
http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp

Google +1
2019年11月27日

第38回練馬区学校保健大会にて発表致します

令和元年12月5日(木)午後1時30分~4時10分
練馬文化センター(練馬駅北口徒歩1分)小ホール
「みんなで育てよう、心も体もすこやかな児童・生徒」というテーマで、教育関係者および区民が一堂に会し特別講演、研究発表等を行います。
研究発表として練馬区医師会を代表して歌橋院長が発表致します。
研究発表 14時から
練馬区学校医部会
「たばこ対策について~練馬区医師会の取組も含めて~」
発表:歌橋和哉(練馬区医師会学校保健部担当理事/たばこ対策会議委員)

特別講演 14時40分から
「今、学校で始まる『がん教育』」
講師:林和彦氏(東京女子医科大学がんセンター長)

費用...無料
申込み...当日会場受付
企画...練馬区学校保健会、練馬区教育委員会の共催
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/event/sonota/38gakkouhoken.html

Google +1

歌橋医院
院長 歌橋 和哉

歌橋医院 院長 歌橋 和哉

医院サイト:
http://www.utahashi-clinic.com/

当院は1964(昭和39)年7月、父である歌橋昭和を院長として、練馬区貫井4丁目の当地に開院いたしました。
2010(平成22)年9月には診療施設をリニューアルしました。最新の医療機器を導入し、院内をすべてバリアフリー化いたしました。さらには、歯科を併設し、患者様のお口の健康も診ていくこととなりました。
なぜ歯科を併設したかといえば、そこには内科と歯科を一体として健康・長寿を図る必然性があったからです。
地域のホームドクター・かかりつけの医師として、皆様の健康・長寿を目指していく病院として、私のみならずスタッフ一同、今後も精進してまいりたいと思います。

Google +1